« 想定読者 | トップページ | 風の日 »

2006年3月18日 (土)

晴走

予想通りの快晴となった。
Mt.富士ヒルクライムのコースとなる富士スバルラインは、一昨日除雪も完了して五合目まで開通したとのこと。(でも即日、降雪でまた通行止めになってしまったらしい)
実は、これからが雪崩の季節で一番恐ろしい時期となる。麓では「ゆきしろ」といって洪水まで発生することがあるのだ。昨年も春先の雪解け水と雪崩で、富士スバルラインは通行止めとなっている。関係者の尽力で大会の開催はできたが、今年のような気候ではどうなることだろう?
p1000274_small

今朝の富士山。そして反対側を向くと・・・。p1000275_small

梅に月、そして遠くの雪山。




そして肝心の走りはと言うと、なかなかに良い。半ば本気でもがいてみたが、それなりにがんばってくれ、楽しめた。細身のCrMoスチールのフレームと手組のホイールの組合せは、おじさんには結構向いているようだ。p1000258_small

半ば本気、なかばお遊びと言う中途半端さと脱力感がナイス・マッチとなった。いつものトレーニングコースの一部を含め、都合70kmほど走った。



走った後は、エネルギー補給。
p1000302_small
お彼岸も近いので、ぼた餅とこの時期には楽しみな桜餅。葉っぱのほのかな塩味と桜の香り、あんこの甘みのバランスがいいんだな。
(基本はビールなんだけどね)

|

« 想定読者 | トップページ | 風の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 想定読者 | トップページ | 風の日 »