« 修善寺5時間耐久 | トップページ | コンパクト・ドライブな梅雨明け »

2006年7月29日 (土)

富士山

天気予報は思わしくなかったのだけれど、とてもいい天気になりました。来年Mt富士ヒルクライムに出場希望の友人たちとともに、かねてから予定していた予行演習を実行しました。
スタートも富士北麓公園とし、まずはペース配分とヒルクライムの楽しさを知ってもらうために、私が先頭を引いてゆっくりと走り始めます。
いつも料金所のあたりを過ぎた頃から後悔し始め、「やめときゃよかった」と思うのですが、第一休憩ポイントから眺める河口湖をみると、体が充分すぎるほど温まっていることもあって、ヒルクライムが楽しくなり始めます。大会の時は休憩ポイントを利用したことはないのですが今日は景色も見て楽しみます。
友人たちも、ヒルクライムを楽しんでくれたようで、次回からはもっとハードな走りとなることでしょう。
本当にいい天気で、地元住民でさえ、こんなにきれいに富士山を眺めることはほとんどありませんが、帰り道でダウンヒルを楽しむ時間にはすでに雲もでてきました。おそらく午後は雷雨となったことでしょう。
五合目は外国語だらけで、「シャッターを押してくれ」とも言えないでいました。それでもやっとお願いした一枚は、恥ずかしくてお見せすることもできません。
Img_0475_small

|

« 修善寺5時間耐久 | トップページ | コンパクト・ドライブな梅雨明け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170362/11140647

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山:

« 修善寺5時間耐久 | トップページ | コンパクト・ドライブな梅雨明け »