« 急勾配 | トップページ | すばらしい朝 »

2006年11月 7日 (火)

床屋

「とこや」さんて、漢字で書くと?な店屋さんでありますが、今日初めての理髪店に行ってみた。職場近く(道路の向かい)で、なんと店の前にピストが(明らかに店の誰かが乗っている)置いてあって前々から気になっていたのだ。Bianchi(ピストには詳しくないが、ホイールカバーのロゴとかチェレステ・カラーのフレームからとか)らしい。
何年も通った自宅近所の理容店の店主が寄る年波から手元が怪しくなって最近身の危険を感じているのと、我が身も同じく寄る年波で髪の伸びる速度も遅いしで伸び放題(というほど多くもないが)にしていたら、今日はやたらと鬱陶しく感じてしまい、気になり出すとどうしようもなく、ちょっと休み時間をもらって行ってきちゃいました。
髪を切ってもらいながらピストがあるねと言うと、高校生の息子が自転車部で町内の競輪選手に余ったフレームと部品で組んでもらったらしい。学校にもロードで通ってるとのことで、放課後は近所の境川バンクで練習してるとのこと。部員はなんと3名
ちなみに県内に自転車部があるのは3校練習でも大会でもいつも一緒なので、みんな仲良しですよとのこと。といってもメインはバンクよりロードとのことでした。
髪切りの腕も丁寧で気に入ったので、しばらくは通うことにしよう。

タイヤをMICHELIN PRO2 Raceに換えて少し低めの6.5bar空気圧に設定したCrMoなるしま号は、スチールというフレーム素材の性質と手組のホイールとも相まって極上の乗り味となりました。以前の3倍のお値段のタイヤなので当たり前といえばその通りですが、それ以上の価値がありましたな。

|

« 急勾配 | トップページ | すばらしい朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 急勾配 | トップページ | すばらしい朝 »