« 風 | トップページ | 寒中出撃 »

2007年1月25日 (木)

ほんのちょっとした調整で

blogに写真がないとなんか寂しいですよね。

通勤路のあちこちに融雪剤が散布されるようになってからMTBで通勤しているのですが、だいぶ古いとはいえ入念に調整したCrMoなるしま号に比べると、ちと重いなぁと思っておりました。
今年計画しているいくつかのイベント参加のために、脚を鍛えておかないとならないので「鉄下駄」のつもりで重い自転車を漕ぐのもいいのですが・・・。

で、通勤しながらどこの筋肉をよく使うかとか、自転車の各部の動きとか点検するわけですよ(実際に見たり触ったりするわけじゃなくて、意識をその部分に集中するということですが)。結果、なんか爪先立ちで漕いでるような気がしたので(冬場のことなので、靴下の厚みとかソックスカバーの厚みとかの分だけ靴の中で足が後ろ方向に移動して、結果その分ペダル軸が前に位置するんじゃないかなとは、理屈的には考えられますけど)、昼休みにSPDクリートを3mm後ろに下げてみた(携帯工具は常備が必須だね)。ついでにほんの少し「がに股」方向に振ってみた。これでペダル軸が母指球の少し後ろぐらい。

そしたら疲れが違うんですよ。ペダリングの重さ度というか軽さ度というかは、さほど変わらないと思うんですが。
いままで母指球の少し前にペダル軸があったんで、足首の固定にも筋肉使ってたんでしょうかね。ロードバイクの場合は、とっても気を遣って位置調整をしてきたのですが、通勤用は連続走行の時間も短いしあまり気にしなかったです。

ほんのちょっとの調整で違うもんですなぁ。

|

« 風 | トップページ | 寒中出撃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 風 | トップページ | 寒中出撃 »