« 帰りは修行か? | トップページ | 同行の士 »

2007年3月 7日 (水)

自転車通勤バッグ

手ぶらですませられれば身軽でいいのですが、なくてはならない通勤バッグ。特に自転車の場合はいろいろな条件があって選択が難しいです。わたしは季節によって2種類を使い分けています。
デイパックとメッセンジャーバッグなのですが、暑い時期と寒い時期で(大雑把な表現ですが)使い分けます。
背中にたっぷり汗をかく時期になったら、メッセンジャーバッグ。背中寒いなと言う時期にはデイパック。今期は、今週初めからメッセンジャーバッグにしています。
背中は大きなラジエター。ジャケットやインナーなどの衣服だけでなく、どうせ常時携帯するなら、自転車通勤バッグにも体温調節の一翼を担ってもらいます。
中身は弁当が最も大きく(笑www 、着替えの下着とあとは財布や携帯電話の類でたいしたものは入ってません。
珍しいところではデイパックの場合サコッシュ、メッセンジャーバッグの場合ナップザックをそれぞれ小さくたたんで入れてます。どちらも不意の買い物を入れて背負うためで、都合2個を背負うために違うタイプを組み合わせているわけで、自転車屋さんやスーパーで感心されますな。

寒い時期はデイパックで背中をカバーする、あるいは背中への空気の流れを調整することで-5℃や-6℃とかでも結構平気で走れます。わたしの場合-8℃くらいまでは自転車通勤してます。(今シーズンは無かったね)
すこし大きめに感じますがdeuterのクロスバイクを使ってます。背中がエアストライプという通気構造になっていて、montbellのライトシェルサイクルジャケットの背中側の作りと相まってなかなか快適です。
かといって、エアストライプ構造があろうがあるまいが夏には(背中の荷物や衣服の有無にかかわらず)汗を大量にかくわけで、快適であろうはずはありませんね。

そこで暑い時期にはメッセンジャーバッグとなるわけです。TIMBUK2クラシックメッセンジャーSサイズですが、プロのメッセンジャー達のようにショルダーストラップをグイとしめて背中にフィットさせるようなことはしません。暑いから。安定するのでクロスストラップはしますが、もっと下の方(おしりの上あたり)で背負うようにして背中を大きく空け背中ラジエターの効果を狙います。

Karen_chris 最近注目しているのが、Happy Ridin' さん扱いのwingnut社 HYPERシリーズです。「これ、よさげ。給料もらったら・・・。」と考えていたら、あっという間に品切れ。メッセンジャーバッグでわたしが理想としている位置に荷物も納まりそうです。夏の長距離ツーリングにも向いていそうな予感がします。

|

« 帰りは修行か? | トップページ | 同行の士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 帰りは修行か? | トップページ | 同行の士 »