« 魅惑の信号STOP | トップページ | 参加賞 »

2007年4月13日 (金)

CW-X

いよいよ暑くなってきた。帰路、暖かい南風が強く吹いて、文字通り背中を押してくれたのでラクチン。

v(゜゜)-
CW-X買ったですよ。スタビライクス・モデル。脚部の関節の安定を図ってくれるらしい。寒い時期はLSDで負荷も小さいし、膝にテーピングして走ってましたが、これからのシーズン峠行きとかイベントとかで、関節に思わず大きな負荷をかけてしまいます。真夏はさすがにハーフ・レーパンですが、春・秋にテーピングでは汗で皮膚がふやけたり、後で赤くなったりで。

初めて買ったレーパンがCW-Xのハーフ。まだあまり自転車のことに詳しくなくて、パール・・というような(当時は)聞いたことのないメーカーよりもイチローも使ってるしコレダな~と。次に買ったのもCW-Xのセミロング・レーパン。当時は特定のShopにしかなくて、出張ついでに御徒町で購入。というのもこのころから、老体に過剰な負荷はヤバイと目覚めて(笑www 膝関節の保護のために。

最近のスポーツウェアの流れで、筋肉の動きを助けるとか科学的解析に基づいて~とか解説されてしまうと、つい反応してしまう。なかば科学という宗教化してますが(笑www
ま、前2品の運用結果から、よさそうかなと。
がむしゃらに運動してた10代に比べれば、時代的にも年齢的にもできる限りの科学的知識に基づいてスポーツにアプローチしないと、(老い先短い身としては)時間がもったいないし故障も怖い。体が鍛えられるのを待ってるほど気長じゃないし、できれば楽しみながら鍛えられればいい。
そういえば自転車スポーツって、この手のウェアの話題があまり無いですね。雑誌でもあまり取り上げないし。機材はいろんな最先端素材が百花繚乱なのにね。

性格的に通念とか常識ってやつに囚われないので、レーパンの下にアンダー・アーマー使ったりもする。今回もハーフのレーパンと組み合わせて使うつもり。どんな効果があるでしょうかね、楽しみです。

|

« 魅惑の信号STOP | トップページ | 参加賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 魅惑の信号STOP | トップページ | 参加賞 »