« 桃の花見特急 | トップページ | 魅惑の信号STOP »

2007年4月10日 (火)

グローブ

Img_0938_small 少し前にフル・フィンガーの手袋を二組買いました。
一つは、新興勢力のGOLDWIN。
手のひらパッドが薄くて、グリップが滑りにくくて、ハメ心地の良いのを探してたのですがこれなら良さそう。ちなみに甲側は反射素材で、しっかり光りそうです。ゴルフ用というアイデアもあったのですが、片手分であの値段では買う気になれない。
もう一つは、老舗パールイズミのUVカット。
というより、薄手のフル・フィンガーとして使うつもり。これも、手のひらパッドは薄目なので気に入りました。

手のひらパッドは、振動による疲労軽減という機能で意味有りですが、あまり厚いとハンドルの上で安定しない場合もあって、議論のあるところです(ナイフで切ってパッドを取ってしまう人もいるようで)。
最近、女性サイクリストの増加もあって、手の小さい人でもフィットするショート・リーチのハンドルやレバーの調整小物などがありますが、グローブの厚いパッドでもレバーは遠くなってしまいます。他に影響がないなら、薄い方が操作性はいいと思います。

フル・フィンガーの手袋にこだわるのは、転倒したらこの白魚のような指(爆笑 はどうなっちゃうの?お仕事は?などと考えると、ヘルメットと同じく重要なアイテムだと思うからです。
モーター・サイクルのレースの経験からくるのかもしれませんが、ハーフ・フィンガー手袋にはいまいち不安があります。MTB用のFOXのフル・フィンガーの手袋も持ってますが、夏でも涼しい作りなので、この季節ではまだ早すぎです。
とは言っても真夏の長距離ツーリング用に、厚手のパッド入りハーフ・フィンガー手袋も不要って訳じゃありません。

そして今日は、フルフィンガーの出来が思ったよりよかったのでGOLDWINのハーフ・フィンガー手袋をGet。こいつに付いている人差し指と中指、薬指と小指の間に付けてある引っ張り紐ははずすときには便利です。これは自分で使う人がメーカーにいるなと思わせるものです。外のメーカーでもありましたけど(ナイキの持ってました)。

そして長年冬の通勤用として活躍してきたユニクロの厚手のグローブは、手のひら部がすり切れてしまったので、手厚く廃棄となりました。

|

« 桃の花見特急 | トップページ | 魅惑の信号STOP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桃の花見特急 | トップページ | 魅惑の信号STOP »