« Kii-CraftとSpringWind230 | トップページ | 連動する体(尻の痛み) »

2007年4月22日 (日)

チェーン交換

イベント直前に部品を交換するのはリスキーなので、Mt.富士ヒルクライムを40日あまり後に控えた今から一品ずつ作業する。

Img_1114_small 今年はチェーンが交換時期を迎えている。この前自転車店でチェックしてもらい「まだ、大丈夫」といわれているが、シフト性能もチェーンに依存するところは大きいらしいので潮時だろう。約5200km使用したことになる。
「まだ、大丈夫」にしても、高価な部品でもないので気にしながら走るよりは、と交換する。

前回は10速化した時のCN-6600。今回はCN-7801。数百円の差なのだが、なぜ前回6600を選択したのか不明。

Img_1119_small Img_1120_small 外した旧チェーンと新チェーンの長さを比較してみた(下が旧)。正確な比較ではないが、そこそこ伸びているものだ(ピン位置で比較)。
同じコマ数に新チェーンをカットする。(交換後繋ぐ時のアンプルピンの挿入方向を気にしながら)
カットした残り4コマは、2コマずつにして携帯工具入れの古いのと交代。
仮セット後、マニュアル通りの長さ調整ができているか確認。アウター・トップの状態でガイドプーリーとテンションプーリーが垂直に並ぶのが正解。
Img_1121_small Img_1122_small 前後輪着地状態で「下げ振り」を使って確認(写真の白い線)。OK。

仮セットは、チェーンを通してからアウターギア上で繋ぐのが私のやり方。アンプルピンをここまで差し込んでおく。
このままではアンプルピンを挿入できないので、ゆっくりクランクを回してチェーンステイの下側に来たところで、挿入作業。チェーンカッター(繋ぐ時にもチェーンカッター)のハンドルをゆっくり操作して2回目の重いところがスッと軽くなったら、たぶん正解の挿入位置。軽く動くか確認して、アンプルピンを折る。おしまい。

さらにシフトチェックをして終了。

事前の新チェーンの脱脂、交換後の注油を入れても30分でした。

あとはタイヤ交換。一度はコンチのGP4000に決めたものの、その後の耳情報で気持ちが揺れております。一番痛いのは100km超える頃から足にガツガツくるよ、というもの。それはいやだよなぁ。空気圧の変化で挙動がシビアという意見もありました。デリケートなのは面倒くさいなぁ。
使い慣れたミシュランかな、やっぱ。

|

« Kii-CraftとSpringWind230 | トップページ | 連動する体(尻の痛み) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Kii-CraftとSpringWind230 | トップページ | 連動する体(尻の痛み) »