« GW | トップページ | POST-GW »

2007年5月 6日 (日)

長距離走の秘訣 オヤヂ仲間への解説その2

この前のギア構成のことで昨日は質問攻めにあいました。
つまるところメーカーの動作保証外ではないかのたぐいの話。

Img_1166_small メーカー保証といったところでチューニングがキチンとされていなければ結局期待した動作はしてくれない(ショップが重要)。であれば自己責任を承知の上でギア構成くらい試してみるのも楽しい自転車遊びのうち。それなりの学習と修練(よい師匠)、そして良い道具は必須。道を究めるための努力は惜しまないのだ。

--**--
ところで、ロングライドの休憩はちゃんと取ります。一回の時間は5分以内ですな。トイレ休憩含めて3分くらい。走った距離でなくて時間で取ります。1時間に一回とか。今回は1時間半に1回くらいでした。
補給もちゃんとします(薄皮パンとキレートレモン)。一度にたくさん飲んだり食べたりはしません。少しずつ回数で稼ぎます。走りながら補給することの方が多いですが、休憩時に補給した方が安全ですな。
休憩ついでにルート・チェックもします。最近はALPSLAB routeなどでルート検討し、Mapionでコマ図を作って持参するパターンが多いです(ALPSLAB routeには最近ミニ地図帳の印刷機能が追加されたので今度はやってみますが、自転車でのような長い距離にも対応できるか不明)。
そんな時、小物の出し入れにもWingnutのバック・パックはナイスです。走行中はある面存在感のないやつです。

そして
道中のいろんなことを楽しむことが秘訣。
今回走ったルートには石碑がたくさんあります。歴史の古いものから、最近の何かの大事業の記念や個人の記念(富士見高原、原村あたりは開拓事業で苦労されているのでその関連かも)。何時か端から写真など撮っておこうと思っております。
南アルプスや八ヶ岳も甲府盆地から見るのと同じ山でありながら、近いことと角度が違うことで荒々しかったり雄々しかったり山容を刻々と変化させます。帰りに遠く見た富士山も感動的でした。
ゴールデン・ウィーク中と言うこともあって、あちこちでローカルな催し物があってそんな様子も面白いもんですよ。
(みんなブツブツ言ってたけど昨日だって100km近く走ってんだヨ!)

|

« GW | トップページ | POST-GW »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GW | トップページ | POST-GW »