« 次は・・・ | トップページ | つゆ »

2007年6月11日 (月)

連動する体 その4(回転速度)

ロード・バイクに乗り慣れてくるとケイデンス(毎分のクランク回転数=漕ぐスピード)が気になり始めます。(だって仲間がみんなそう言うし・・・、わかってくるとその通りなんだけど)
90rpmくらいが効率が良いらしいです。はじめの頃はとんでもなく速い、人間業じゃないと思ってましたが、今では普通に回してます。80rpmくらい目標で回すと、うんと楽です。いつまででも回せそう。(平坦路の話ね)

ところが、もっと速く回そうとするとヘタレオヤヂには大変。120rpmくらいで尻が跳ね始めてそれ以上速く回らなくなってしまいます。去年の夏はもう20rpmはよけい回ったよーな、LSDのしすぎで速回しを忘れちゃったか? 一冬毎に衰えるな・・・orz。
と思っていたら、回らない時って踵下がってるんだよ。踵下がるとふくらはぎの筋肉は伸びてモモの前側の筋肉が固まってるんで、力は出るかもしれんが速くは動かないね、きっと。
爪先下がりを少し意識してみると尻の跳ねが収まって10rpmくらいはケイデンスがあがる。
ペダリング時の爪先の向きは重要みたいだ。
しかも、自転車では足裏そのものは地面と接触してなくて角度はフリー。足で踏ん張るの蹴るのだの普段の(対地面)力関係とは違う。気にしなくて良いんですかね?

|

« 次は・・・ | トップページ | つゆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 次は・・・ | トップページ | つゆ »