« 「恋するフェルメール」有吉玉青(白水社) | トップページ | フレンドシップサイクルフェスティバルin富士スピードウェイ »

2007年10月 3日 (水)

PETZL

すっかり日が短くなって、定時に退社する頃でもライト点灯が必要な時期になってしまいました。昨年までは、この季節がくると遠回りしながら帰宅するのは止めていたのですが、今年になってからそれが定着してしまったのか最短で帰るのが物足りなくなってしまい、SW230付近経由での10kmほどの遠回りを続けています。
それでもこの一週間でサイクリングロードが暗くて走りにくくなってしまい、ライトを追加装着しようと思ったわけです。

Img_1469_sp0000 最初は、現在のHL-EL510+HL-EL400の2灯(というか1.5灯程度)にHL-EL510かHL-EL520を追加しようと考えていたのですが、日没後のパンク修理なんかや災害時のことも考えて、アウトドア用のPETZL TIKKA PLUSを買ってみました。ヘルメットの上から着けて滑って外れてしまわないか心配でしたが、無問題。
目線上が照らされるので、サイコンもしっかり確認できて補助灯としてはナイスです。明るさも補助灯の域を超えています。補助灯としてだけなら最も暗い(3段階調整+点滅)エコノミーモードで十分。

PEZTL(ペツル)最初は「ペルツ」かと・・・・。まぁ、読み間違い(^^ゞ

|

« 「恋するフェルメール」有吉玉青(白水社) | トップページ | フレンドシップサイクルフェスティバルin富士スピードウェイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「恋するフェルメール」有吉玉青(白水社) | トップページ | フレンドシップサイクルフェスティバルin富士スピードウェイ »