« フレンドシップサイクルフェスティバルin富士スピードウェイ | トップページ | サプリ »

2007年10月 7日 (日)

空気抵抗の話(富士スピードウェイで)

Img_1487_sp0000 Img_1490_sp0000 昨日走ったのは100kmなのですが、いつもの週末ライドの100kmよりは消費カロリーも多かったし、脚に疲れも残ってますね。やっぱり、マイペースで走れるって楽ちんなんですな。
今日は軽く流して、アクティブ・リカバリーとしました。
いつのまにか、早朝の自転車の影も伸びています。お彼岸はとうに過ぎましたが、彼岸花の最後の名残。今年は撮り忘れてました。サイクリングロードの土手下なので、ちょっと近づけません。

富士スピードウェイで周回を重ねながらこんなことを思ってました。
空気抵抗は偉大だ!

第一コーナーを右に曲がり、下りを一気に加速して十分な初速となったところで自転車の上にピタッと伏せて漕ぎを止め、コカコーラ・コーナー手前の軽いのぼりまで脚を休ませていたのですが、同じようにコーナーを抜け同じように加速していくほかの選手より私のほうが漕ぎ出しを遅らせられるです。
これは、(これだけは得意な)伏せ方が低い私のほうが空気抵抗が少ないってことなんだろうなと思うわけですよ。(イメージは雑誌に載ってた今中大介の写真(爆)
なにしろ、漕ぎを入れてるほかの選手を抜いていけるんですから。

それに、長~いホームストレートでも引いてくれる誰かを見つけて、お尻にピタッとつけるとすごく楽ちん。いわゆる風除けね。
で、抜きに出てちょっと脇に外れると、ものすごい抵抗。そして、後ろには私を風よけにする長~い一列(同じ低レベルの仲間たち・・・失礼)

空気抵抗を考えると、下ハンをメインでも使えるポジショニングがよろしいようです。

|

« フレンドシップサイクルフェスティバルin富士スピードウェイ | トップページ | サプリ »

コメント

K-Matsuさん、コメントありがとうございます。
富士SWで「気分(だけ)は佐藤琢磨かハミルトンか、はたまた・・・」です。
富士チャレンジソロ100kmは、何を隠そう懲りもせず私も出ます。今回は私のほかにKiiのジャージを見ることはできなかったので、28日楽しみです。尻に着いたら風除け頼みます。(すぐ千切れそうですが)

投稿: すぎまるた | 2007年10月 9日 (火) 19時58分

サイクルフェスティバル、お疲れさまでした。
富士SWを疾走するすぎまるたさんの姿が浮かびます。
私は、28日の富士チャレンジソロ100kmに向けて、十分な休息をとっているところです(笑)

投稿: K-Matsu | 2007年10月 9日 (火) 06時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フレンドシップサイクルフェスティバルin富士スピードウェイ | トップページ | サプリ »