« マイナー・チェンジ? | トップページ | 鼻高々 »

2007年12月 7日 (金)

A・C・クラーク再び

ボーナス前なのにちょっと散在しました。
そのぶんちょっと幸せになれるので気にしません。

個々のインプレはさておき

Img_1674_sp0000 Img_1667_sp0000 Img_1676_sp0000 A・C・クラーク「幼年期の終わり」が新訳されたので購入。小学生の頃、叔父の置き土産を読んだのが最初で、著者自身の改訂版を含め何回読んだだろう・・・。
SFは去年の「日本沈没第二部」以来だ。SF少年だったのに。

まだ読んでないので感想もなにもないけど、カバーは抽象画?
昔はいかにも的なスペースオペラな絵だったけどねぇ。今思えば、あれも悪くない。

|

« マイナー・チェンジ? | トップページ | 鼻高々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マイナー・チェンジ? | トップページ | 鼻高々 »