« 注意事項 K36 | トップページ | 久々の鳥坂峠 »

2008年7月24日 (木)

小物、大物

自転車生活が少しでも快適になるように、ちょこっと部品交換しました。

まずは小物から。
Img_1999_b TREK2200にギアポジション表示をセット。
通勤用にしてからも、もともとのフライトデッキを使ってたのですが、計測スタートボタンを頻繁に押し忘れるので(通勤用にする前はそんなこと無かったのですが、気合いの問題ですかね)、オートマチックなCATEYE CC-RD300Wに交換したのでした(なるしま号から移植)。
ところが、ギアポジション表示がないとゴーストップを繰り返す通勤では不便なので、コヤツをセット。
使用中のシフトワイヤーを一旦抜き取り、アウターをカットしてインジケーターユニットと入れ替える作業ですが、中の赤いビーズ玉みたいなのに中古ワイヤーを通すのは困難で、泣く泣く(T_T)ストックの新品を使用しました。
おー、やっぱり便利(*^^)v

大物は、SCOTTのハンドルをOnebyESUのジェイカーボン400mmに交換。ついでにバーテープも。
Img_2014_b もともとはFSA WING-PRO-Shallow 420mmに、おとなしく白のバーテープだったのです。

FSAのハンドルは、ブラケット位置より下ハン位置の方が広く、上でCC約400mm下でCC420mmでした。下ハンでちょっと広すぎなのと、カーボンにしてはお手頃価格なジェイカーボンに逝ってしまいました(^^ゞ。
その点、OnebyESUはどこで測ってもCC400mm。
上ハンからブラケットへのつながりはスムーズで、とても使いやすいです。レバー操作も問題なし。
下ハンでは、FSAの場合エンド付近で水平になりますが、OnebyESUはそこそこ上向きです。実際的なポジションの選択肢はOnebyESUの方が多彩かも。
大きな特徴は、なにより下ハン位置でのレバーがとても(近すぎるくらい)近くブレーキングが安心。下ハンでのシフトも思いのままです。(その分、引き代が小さいので、調整は必要。)
フェルールの直線部は短いので、メーター類の装着は工夫しないと斜めになります。せめてこの部分だけでも化粧カーボンになっていれば高級感出るのにね、素っ気ない。
ハンドルセンターのマーキングは本当の中心にきちんとプリントされていて、セットはやりやすいです。

小物をもう一つ。
SCOTTのハンドル交換に合わせて、バーテープを白から赤へ、大胆にも!
CR1 PROはフレームに赤のアクセントが「PRO」のロゴ位置にあしらってあるので、シルバのモルビダン・フォレロ「赤」を使用。
このバーテープ、穴が貫通しているのですが、あまり引っ張って堅く巻こうとすると丸い穴が長穴になっちまいますorz。
あとサドルを赤にすれば、おしゃれになるかな?
タイヤまで赤にしたら、しつこいですかね。洋服だと、黒に赤の組合せは定番なのですが。

|

« 注意事項 K36 | トップページ | 久々の鳥坂峠 »

コメント

>それにしても、リッコにはがっかりだ!

すんでにリッコのレプリカジャージを発注するところでした。

投稿: すぎまるた | 2008年7月25日 (金) 23時26分

暑いですね・・・
久々の平日の休日を、エアコンガンガンでまどろんでおります。

SCOTT、華麗に変身しましたね。
それにしても、リッコにはがっかりだ!

投稿: K-Matsu | 2008年7月25日 (金) 15時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 注意事項 K36 | トップページ | 久々の鳥坂峠 »