« パナ Duro Protex 700X23c | トップページ | 今年もこの季節がやってきた »

2008年8月31日 (日)

最近の自転車通勤バッグ

梅雨入り前に通勤用デイパックを新調して、一夏使い込んでみました。
今シーズン発売されたdeuterアドベンチャーライト20です。
色は、アンスライト×ブラックです。細身縦長であります。
同じシリーズに10Lサイズの物がありましたが、小容量用途にはウイングナット持ってるので大20Lを選択。なにしろ「お弁当」箱と着替えが入ることが絶対条件ですから。

deuter得意のエアストライプで、背中の蒸れ対策は採られています。効果の程はなかなかです。ベースとなる背中面に板状のパッドが入っていてある程度強度がありザックの形や通気スペースがつぶれないので、実用でも通気性が保たれています。走り出してしまえば脇腹、背中とも通気を感じることができます。
同じdeuterでも以前使っていたモデルではベース面が柔らかだったので、フィット感はありましたが通気性はメーカー・アナウンスほどの効果は無かったと思います。
背中は大きなラジエター、と思っているので、特にこの季節はなるべく開けておきたいのです。通勤で長時間ではないといえども、暑いものは暑い。

背中を開けるためにメッセンジャーバッグを緩めに背負ったりもします。ウイングナット社のアドベンチャー・パックはナイスなのですが、通勤には容量がちょっと不足ぎみか・・・。
通気性さえ確保できれば、直射日光が当たらないだけdeuterアドベンチャーライトのほうがいいかも。

メッシュ・ストラップの効果は?であります。帰宅して鏡を見てみると、ストラップ部に沿って汗がにじんでいるのが判ります。が、走行中に暑いと感じることはないです。
ウエストベルトの両側に着いたメッシュポケットも、小振りですがザックを降ろさずに取り出したい物(鍵とか小銭入れとか)を入れるのに重宝しております。
ファスナーを開けるときには快調ですが、閉めるときにポケットの形から来るカーブのせいかと思いますが、ちょっとひっかかる気がします。
長さ調整で余ったストラップの端っこが走行中風でバタつくのはとてもいやなので(万が一何かにひっかかるかもしれないし)、アウトドアショップでストラップキーパー買ってきて整理してます。

さて、肝心の収納力でありますが、冒頭に記したとおり細身縦長なので、お弁当、着替え、超整理手帳をメインに入れると、書類系を追加するのはサイズ的に不可。A4ファイルサイズはもちろん、ペーパーサイズでも不可。外のエクステンションも細身縦長なので、書類系には向かないです。目的外使用です。

K帯電話用のポーチを外に付けたかったので、TIMBUK2のものをショルダーストラップに付けました。TIMBUK2のポーチ類はベルクロが超強力なので落下の心配が無くて良いです。

やはり通勤では荷物の安定するデイパック系に限ると思うのであります。

|

« パナ Duro Protex 700X23c | トップページ | 今年もこの季節がやってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パナ Duro Protex 700X23c | トップページ | 今年もこの季節がやってきた »