« CR1ちょっと | トップページ | 秋の気配濃厚 »

2008年8月19日 (火)

selle SMP感想

今回交換したサドルは、selle SMPのStrike evolutionです。
とても変わった形をしているので、フツーのセット方法ではよろしくないらしく、各国語で書かれた取付マニュアルがついてました。このマニュアル、日本語版も付いているのですが「笑っちゃう」訳です。だれが訳したんでしょうねぇ、相当な想像力がないと読み解けません。英語パートを読んだ方が、慣れ親しんだ自転車用語がでてくるので解りやすいです。ただ、カタカナじゃなくてアルファベットなだけです。

つまりは、レールのセンター(4の表示あり)をやぐらのセンターに合わせて、サドル後端と中間の高いところ結んだ線を水平にセットしてね、これが基準値だよと書いてあります。ただ高さや前後位置は今使ってるのと同じでいいよ、20mmくらいまでは前下がりでもいいよということであります。

ローラー台や平たん路を含むアップダウンのある実走80km×2回の結果では、基準の前後位置のまま、2/100勾配で前下がりにセット。アリオネに比べてレール・サドル面の差分3mm上げ(BB・サドル面の長さを同じにするため)でOKでした。

尻で乗るというよりも、股間で乗ると快適です。自分の感覚としては骨盤が(従来より)ちょっと前傾する感じが良いようです。尻の筋肉やフトモモの裏側に接触するところが全くないので足の回転が楽に感じます。この点は、アリオネやSLR以上です。
フィットするポイントは狭いので、微調整が必須。2本締めヤグラの方が作業が楽かもしれません。CR1につけているWRは2本締めです。

前傾が深いほうが快適なタイプのサドルで、下ハン持つとサドルの存在を忘れます。形のことを含めて、好き嫌いがはっきりしそうです。
わたしももう少し乗り込んでみないと、最終評価は下せないですが、いまのところは気に入っています。

Img_2026_b Img_2048_b 左の写真は再掲です。この位置なら、SCICONのサドルバッグがつけられます。
水平だしは、こんな風にしました。
(8/20 記事と写真追加)

|

« CR1ちょっと | トップページ | 秋の気配濃厚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CR1ちょっと | トップページ | 秋の気配濃厚 »