« 比較快適論 | トップページ | 安静時の過ごし方 »

2008年9月14日 (日)

事故報告

いや~、ビックリしました。自分がこんなことになるとは・・・。

先週木曜日の朝、自転車出勤時に左折車に巻き込まれて、轢かれちゃいました。(。>0<。)

事故に至る経緯は、今ここに書くことでもないんで、止めときます。

生まれて初めて救急搬送されてしまいました。
事故直後は、あまりの痛さに地面に座り込んで「ヴ~」と呻っちゃいました。
その後、他の車にもう一度轢かれちゃかなわんと気が付き、右足の上に乗っかってた愛車をどけて歩道に自力で避難。もう一度座り込んで「ヴ~~」crying
通りがかりに人が救急や警察に連絡してくれたようで、心から本当に多謝。

自力歩行ができたのですが、頭を打っていたのが分かってたし、ヘルメットも凹んでたんで素直に救急車の「患者さん」となりました。

救急車の中では、血圧・酸素量を測る装置が速やかに取り付けられ、住所氏名年齢と確認されました。「意識はクリア!」などど救急隊員の声も聞こえます。警察もすぐ来ましたが、同じことを訊かれました。やっぱり「意識はクリア」と言ってます。
搬送先を決める間にも、足首は動くか・膝はどうか・腿はどうか、骨盤を左右から押して痛みは、頸骨を確認され、やはりヘルメットをみて「右側頭部を打ってる」と言ってます。
その後から、「どこが痛い?」と訊かれました。
確認の手順と対応に感心して「なるほど」と思ってしまいました。訓練のたまものですなぁ。

やがて近くの脳外科専門の病院に搬送されましたが、やはりそこでも同じように確認手順が繰り返され、ちょっと「何べんも聞くなよ」と思ってしまいましたが、後で聞いたところでは時間経過とともに意識混濁に陥ることも珍しくないそうで、一番のよい方法なのだそうです。

左折車に巻き込まれたのに、なぜか右側ばっかりに傷があってどんな転び方をしたのか、ちょっと想像がつきません。右の脛、右腕、右肩が打撲と擦り傷だらけ。肋骨1本、逝っちゃいました。

病院ではすぐに脳と手足のCT。一旦急患室に戻され、傷の手当てを受けながら医者の診断の後「3時間後に脳のMRI」と宣告され、とりあえず別室で横になってました。
MRIの診断を聞きつつ、「明日、もう一度、脳のCT」と言われました。
通常、大人の場合、頭を打つと「打ったところの反対側」に「脳内出血」が発生するのだそうです。子供は「打ったところ」から出血するのだそうです。頭蓋骨の固さによるものらしいです。
(このドクター、自転車に詳しそうでロードバイクとクロスバイクの違いや、ヘルメットの良しあしを分かっていました。自転車乗りかもしれません)

駆け付けた家人に「あんたの頭は、やっぱり、お子ちゃま並かい」と言われましたが・・・。

ドクターもかなり悩んだあと、その日は帰宅していいことになりました。少しでも変だと思ったらすぐに連絡することという条件付きですが。
それでも帰宅してもいいと判断できる程度の怪我で済んだというのは、素直にうれしかったです。

翌日のCT検査でも脳は大丈夫そうで、うれしい限りです。連休明けから職場復帰できそうですが、しばらくは通院と示談交渉とか続くはずで鬱です。

今となっては、しばらく自転車乗れそうもないのも痛い。

-----------------------
Img_0058_b 凹んで役目を終えたMETのストラディバリは、お守りとして保存しておきます。

|

« 比較快適論 | トップページ | 安静時の過ごし方 »

コメント

夜の蝶さま、こめんとサンクス

事故にあった全員分と、あわなかった皆の分を合わせて、お祓いお願いします。

投稿: すぎまるた | 2008年9月22日 (月) 19時08分

大丈夫でしょうか?驚きました。

私、明日にでもお祓いに行く予定です。
しっかり養生してください。

投稿: 夜の蝶 | 2008年9月22日 (月) 12時04分

K-Matsuさま、コメントと励ましのお言葉、ありがとうございます。

あちこちの傷が快方に向かっておりますが、やはり若い時のような治癒力はないようです(*_*;
それでも時間が解決してくれるでしょう、多分。

それはそうと、おるべあ太郎さんが自爆?
そちらの方も、びっくりですね。状態どうなんでしょうか?

職場の標語「安全第一」が身に沁みます・・・。

みんなでお祓いでもしますか?金桜神社がいいかな(笑)

投稿: すぎまるた | 2008年9月21日 (日) 06時19分

まぁびっくりしました。
きちんと養生して、早く治してくださいね。
お大事にしてください。

身近な方々が、事故やら転倒で怪我をしたという話が、最近多いです。私も十分注意しよう…
と思ってましたら、今日、おるべあ太郎さんが自爆したとの連絡が入り、これまたびっくり、というかもはや恐怖に近い心持ちでございます。

みなさん、ホントに気をつけてほしいものです。

投稿: K-Matsu | 2008年9月20日 (土) 21時34分

<太郎> さま、コメントありがとうございます。
貧脚の言い訳に「無事これ名馬」などと日頃から言っておりましたのに、情けないことになってしまいました。
注意に、し過ぎることはないですよね。

頭は何とか無事みたいです。ヘルメットのおかげかと思っています。
-------------
おるべあ太郎さま、コメントありがとうございます。
しばらくは走れそうにないです。
体が元通りになるのにも、ひと月ぐらいかかりそうです。
昨日、女房の運転で病院に連れて行ってもらったのですが、(いつもと同じ運転なのに)少し怖かったです。トラウマが残ったかもしれないですね。

投稿: すぎまるた | 2008年9月15日 (月) 08時35分

あらら・・・やってしまいましたか・・・
左折車との接触ということですが、多くの山梨県人はウインカーを出すのが遅いんですよね
教習車なみに出せとは言いませんが、せめて10秒前ぐらいから出してもらえるとありがたいですよね
ウインカーを出さずに曲がるなんてのはもってのほかですが。

十分注意して乗っていても事故に遭うのはなんともやりきれないことでしょう
でもこうやってブログの更新があるということはとりあえず大丈夫ということかな?

これからの処理を考えると、自転車に乗らないほうがいいと思いますがこれが一番痛いですね

投稿: おるべあ太郎 | 2008年9月15日 (月) 08時14分

ブログサーフインをしていて、こちらのブログに来ました。事故は他人事でないので怖いです。

頭を打っているようですが今は大丈夫でしょうか?

同じSCOOTに乗っているようなので(私のは2005年モデル)勝手に親近感を感じてコメントしました。

お大事にして下さい。

投稿: <太郎> | 2008年9月15日 (月) 07時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 比較快適論 | トップページ | 安静時の過ごし方 »