« 富士には月見草がよく似合うか? | トップページ | 秋走-そろそろ秋終り?- »

2009年11月 3日 (火)

秋を走る -3-

まだ「秋」って言ってもいいですかねぇ。最低気温が4℃を割り込んで、走りだす頃でも5℃程度で、体感的には冬の寒さ。
今シーズン初めて(薄手だけれども)シューズカバー(defeetの)で走りました。グローブもdefeetの高級軍手にしてみましたが、ちと寒くてシフト操作がワンテンポ遅れてしまいましたね。

久しぶりに業界オヤヂ仲間と誘い合わせて軽く盆地西半分を周回。今年の冬のLSDコースの定番にしようと思っているコースを走りました。

軽くLSDのつもりが後半北に向いたあたりから季節風?の北風が徐々に強くなり始めて、いい修業になっちゃったです。信号交差点を過ぎるたびに先頭交代を繰り返して北上。南に向きを変えてからの追い風を期待しながら、ひたすら耐えて漕ぎ続けます。

やっと折り返しの交差点を右折して、待望の追い風コースへ。

追い風になった途端、それまで耳にまとわりついていた風切り音が消え、一瞬にして静寂の世界へ。周りの雑草は強風にあおられて斜め30°くらいまでなびいていても、それは背中を押してくれる力強い味方。
聞こえるのはロードノイズとフリーのラチェット音が時折。
アウタートップのまま、ところどころ現れるアップダウンも乗り越えて行けます。

季節風のころになれば、紅葉も里に下りてきて山が青空に映えるようになります。好きな季節です。
Img_0830

|

« 富士には月見草がよく似合うか? | トップページ | 秋走-そろそろ秋終り?- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 富士には月見草がよく似合うか? | トップページ | 秋走-そろそろ秋終り?- »