« ホイール組は頭脳労働-7- | トップページ | MLP-1 »

2010年4月18日 (日)

ホイール組は頭脳労働-8-

土曜日は、まさかの雪でさすがに自転車には乗る気になれず、録画したParis-RoubaixをPCで繰返し再生しながらホイール組に取り組みました。一気に前後とも手組みしちゃいました。
通勤仕様のクロモリなるしま号の快適ホイールが目的です。

Img_1140

材料は
リム MAVIC Open PRO シルバー32Hを2本
ハブ SHIMANO 6700 ULTEGRA 前後
スポーク フロント DTSwiss competition 1.8mmX1.6mm    295mm 32本
リア 反フリー側 DTSwiss competition 1.8mmX1.6mm    294mm 16本
フリー側 DTSwiss champion 1.8mm 293mm 16本
ニップル スポークに付属のブラス
前後ともイタリアン6本組み
合わせて1800gくらいに仕上がるはず・・・。

目標テンション フロント950N リア・フリー側1000N で採用スポークと相まって快適性を狙っています。
目標テンションは、レーパンなしで通勤することも頻繁にあることを踏まえ前回までに練習で組んだ経験をもとに数値を決めています。少し低めの設定です。

Img_1145

Img_1148

こんな具合にスポークを通してアヤをとっていくと仮組完了。この時点ではこんなに弓なりブヨブヨで頼りなげですが、縦振れを取り、だいたいの横振れを取ったところでセンターを出し、徐々にテンションを上げて目標テンションに達して、微調整で振れを最小に追い込んだら完成です。

Img_1154

写真にスポークが写らないほどの速度で空回ししても止まって見えるでしょ?振れは縦横0.5mm以下です。テンションはプラン通り平均950Nであります。
リアも同様に組みますが、左右対称じゃないので同じニップル回転角度でも左右でリムの挙動が違うようです。注意深くセンター出しをします。馴染みだしの後で再度微調整をして精度を高めて完了。リムの溶接部の歪みを除けばフロント並みの精度に仕上がりました。それを入れても1mmはない。
テンションはフリー側で丁度平均1000N。反フリー側で550Nと理論値よりは1%高めですが測定誤差の範囲内です。

トレーニングの効果か作業速度も精度もよくなって、2本とも余裕で仕上がりました。
調理用秤で測定の結果、1790g(リムテープ・クイックなし)と思ったより軽い。(秤の誤差は?)

翌、日曜日に朝練の後、SW230に持参して師匠の品質(笑)チェックをしてもらいました。
「このまま使っても大丈夫でしょうか?(-_-;)」
大丈夫、とオッケーがでてクロモリなるしま号にセット。
新品のリムテープ以外は旧ホイールからの移植なので条件は同じ。空気圧も同じ。
近くに公園まで試乗したところでは、狙い通りの乗り味に仕上がったようで納得です。
見た目も悪くないね(*^^)v

Img_1175

-----------
先だって、とある超ローカルな場所で当ブログの管理者であるかお声をかけていただけました。自宅からほんの数百メートルのお宅らしい。
ブログやHPなんかのインターネットは、マスなコミュニケーション手段を持たなかった一般市民がその手段を手にして広く自己表現のできるデバイスって気持ちが大きかったが、近くに住んでいるだけで知り合うこともなかっただろう方から声をかけていただき、大変うれしかったよ。
共通点は自転車とビーグル。キーは近くの公園の写真。

|

« ホイール組は頭脳労働-7- | トップページ | MLP-1 »

コメント

近くの公園の写真は日曜日午後ですが、すっかりもと通りというか雪は消えてしまって、桜の花びらがチラホラ落ちてます。それでも周囲の里山は白いですね。
甲府盆地では4月17日の雪は41年ぶりだそうで、山梨歴30年の私の知らないときのことですね。

カレンダーを見るともうじきゴールデンウィークなんですが、洋服掛けには真冬のものと真夏のものが同居しております。
日曜の朝練は真冬とあまり変わらない服装でした。午後公園に行った時は半袖でもいいかなという気温。
これでは、今年はうまい農作物が食べられないなぁと心配しています。

投稿: すぎまるた | 2010年4月19日 (月) 05時29分

そちらもおとといは雪だったんですね。
どうしちゃったんでしょうかねー?

信州ももちろん雪でした。

早く、半そで&半パンで走りたいものです。

投稿: ALLEZ | 2010年4月18日 (日) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホイール組は頭脳労働-7- | トップページ | MLP-1 »