« 異音の行方 -ブレーキの鳴き- | トップページ | 秋空か・・ »

2010年9月19日 (日)

大菩薩峠へ

秋の連休初日、大菩薩峠へ行ってきました。
正確には上日川峠越えです。大菩薩峠に行くには、この上日川峠(長兵衛ロッヂのあるところ)から徒歩です。

甲府盆地を西から東に横断し塩山を目指します。向嶽寺の前を抜けてR411を登り始め、まずは裂石までが一区切り。
ここまでがアプローチな位置づけですが、R411の登りで既に6%オーバー。裂石に着いたころには、脚売り切れ気味orz
塩山から8kmほどしかないのですが・・・。

Img_1578

裂石の公衆トイレで休憩とメイタン補給。

ここから登りが本格的に始まりますが、最初の2kmは13%前後の勾配が続きます。道幅も狭く、自動車のすれ違いは不可。時折すれ違ったり追い越していくドライバーの腕を信用して、じっと左端を進むしかありません。工事車両とのすれ違いは冷や汗ものですが、総じて運転はやさしい。
今日は、ところどころ路面が川状態。。

そこを過ぎると道幅も少し広がり勾配も緩めになりますが、それでも10%くらい。大型車の音が聞こえたら、手近な退避所でやり過ごした方が吉。
その代わり、再発進で、クリートうまく嵌らないと大変。

登り始めて3kmほで帰りたくなりましたが、あの濡れた急坂(てか急斜面)を降りる気になれず、工事現場の親切看板に「上日川峠あと3.7km」とあり、なんだそれっぽっちかと進むことに。

登るにつれてかいた汗が、すぐ冷たく感じるほど涼しくなってきます。とうに標高1000mは越えてます。
森の中を登っていくので、眺望はよくないです。ときおり木々の隙間から登ってきた道や甲府盆地がちらちら見えました。柳沢峠へのR411の橋が見えますねぇ。

Img_1574

長兵衛ロッヂでは、ウインドブレーカーを持ってこなかったことを悔やみましたが、日焼け防止のアームカバーとバンダナで防寒して、今度はダウンヒル。
JR甲斐大和、R20までの約20km、さらにそこから石和市街までの10kmあまりの約30kmに及ぶダウンヒル。標高差で1300mを豪快に(笑)

登り下りに夢中で、写真少なめでした。
反対回りの方が楽しめるかなぁ。

|

« 異音の行方 -ブレーキの鳴き- | トップページ | 秋空か・・ »

コメント

ALLEZさん、コメントありがとうございます。

いや、ほんと大変でしたョ。
ここいら界隈では坂無しで自転車を楽しむことはできないので、いつも坂道を走ってますが、それでも登り始めてすぐに帰りたくなったのは久しぶり。
それでも何かに励まされて登ってしまいました。登ってしまえば楽しい思い出です。

さすがに翌日は盆地底辺の平坦路で秋探しつつ、リカバリー走で乳酸除去でした。

投稿: すぎまるた | 2010年9月21日 (火) 18時59分

登坂お疲れ様でした。
記事読んでいるだけで息切れと太ももの乳酸増加が感じられるのは私だけでしょうか?

投稿: ALLEZ | 2010年9月20日 (月) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 異音の行方 -ブレーキの鳴き- | トップページ | 秋空か・・ »