« close-ratio | トップページ | そういえば師走 »

2010年12月18日 (土)

サブゼロ

いよいよ氷点下サブゼロの季節となりました。
これはこれで、いい季節ではあります。(笑)

本格的な真冬のいでたちで日の出とともに出発。とりあえず南へ。

辺り一面、霜が銀色に光っております。日の出時のオレンジ光線に映えてなかなかです。

Img_1908

富士橋まで南下しましたが、凍結防止の塩カルと霜を避けながら走らなきゃなりません。それなりの緊張は必要。
日当たりのいい盆地の底を北上しつつ徘徊して約100km。ルートが固定化してきたので変化を求めたいところだなぁ。

このくらい霜が降りるようになると、ホウレンソウが旨くなるなぁと、凍った雑草を見て思う。(笑)

Img_1910_1

|

« close-ratio | トップページ | そういえば師走 »

コメント

ALLEZさん、コメントありがとうございます。

甲府盆地では、これから乾燥した季節に入ります。空気中の湿気が無くなって、やがて霜さえ降らなくなっちゃいます。そして、雲ひとつない青空に雪山が映えます。
午後になると北風が強くなるので注意が必要ですね。

季節が進むと、諏訪方面からの自走遠征(@_@)かと思われる、レーシングチームの面々と遭遇するようになります。

---
「ホウレンソウ」は、単に食いしん坊なだけかと・・・(笑)
ちょっとポパイを思い出しますよね(我々の世代だけ?(爆笑)

投稿: すぎまるた | 2010年12月19日 (日) 06時29分

ほんとうに寒くなってきましたねー
信州でも長野市の平地では雪も無く年内はまだ走れそうですよ。
凍った雑草を見て、ほうれんそうの美味さを感じるなんて通ですね!さすがです。

投稿: ALLEZ | 2010年12月18日 (土) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« close-ratio | トップページ | そういえば師走 »