« GARMIN Edge800 -その3- | トップページ | GARMIN Edge800 -その5- »

2011年1月13日 (木)

edge800 -その4-

PCとの関連・走行した後の件

edge800はパソコンと連携することでグッと生きてきます。

なにしろ、どこをどのように走ったか地図を見ながら反省会ができます(笑)
走行ログの吸い上げには、PCとUSB接続してGarminConnectまたはGarmin TrainingCenterを使います。

TrainingCenterでは任意のデータを重ねグラフで表示できます。心拍とケイデンスとか速度とか標高とか。心拍は設定してあるゾーン範囲を背景に表示することもできるので反省会にはもってこいです(笑)。

Garmin_tr_c

GarminConnectは、ガーミンサイトのWebAPIを利用するものでIDの取得が必要となります。画面や操作も分かりやすくてよろしい。
恥ずかしながらで公開もできるらしい。

Garmin_connect

ここで取得したこのID・パスワードは、やはりガーミンサイトにあるmyGarminという製品登録ページでも共通です。Garmin製の地図を持っていれば、ここでアップデートもできるようです。

ファームウェアのアップデートにもWebUpdaterというWebAPIを使います。myGarminページでもできるようなのですが、違いはよくわかりません。多分同じ。
ファームウェアのアップデートでは、設定がリセットされてしまうらしいですが、TrainingCenterと通信すれば戻せそうな気がします(GARMIN Edge800 -その2-文末参照)。

|

« GARMIN Edge800 -その3- | トップページ | GARMIN Edge800 -その5- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GARMIN Edge800 -その3- | トップページ | GARMIN Edge800 -その5- »