« GARMIN Edge800 -その5- | トップページ | 川沿いを走る -2- »

2011年1月21日 (金)

GARMIN Edge800 -その6-

走行ログの地図をblogに載せてみる。

いくつかの方法があるのですが、基本的にGoogleマップを使います。
いろいろと試してみたところマイマップ機能を利用するのがよさそうです。マイマップに、載せたい走行ログを.kml形式ファイルでアップロードして、そのURLを利用します。

より大きな地図で 穴山農道周回 を表示

1.Googleアカウントを取得しておきます(無料)
2.blogに載せたい走行ログデータkmlの準備
GarminConnectからエクスポートした.kmlファイルをそのままGoogleマップにアップしてもいいのですが、ポイント数が多すぎて分割されてしまいルート全体が1画面に表示できないことになってしまいます。
というわけで、いい塩梅にポイントデータを間引く必要があるのですが、これをやってくれるのが「轍wadachi」というフリーソフトです。轍wadachiには.gpxをインポートし、間引きの設定をして.kmlファイルで書き出します。.gpxファイルはGarmin TrainingCenterかGarminConnectから書き出します。
デフォで500ポイント上限になっていますが、1500指定でも何とか表示されてますね。

このソフト、Googleマップに載せることを前提に作られていて、余分な情報も間引く際にカットしてくれています。新たにポイント情報(たとえばポイントの吹き出しのサムネイル画像や解説文に拡大画像をリンクするとか)を付加することも可能です(わたしは轍は使わないで8.の作業時にやってます)。

3.Googleマップにアクセス
4.サイドバー画面上部「マイマップ」をクリック
5.「はじめに」ボタンをクリック
6.ログイン画面が表示されるので、取得しておいたgoogleアカウントでログイン
7.タイトル、説明をつけて「インポート」クリックで2.でゲットしたkmlファイルを指定してアップロード。
8.必要に応じて編集機能を利用します。ポイントを追加したり写真を載せることもできますね。私は、このマイマップの編集機能で、ポイントのHTMLを直接書いてしまいます(リンクタグだけだから)。私にはこの方が簡単でした。ただし事前にリンク先のURLを取得しておく必要はあります。
「保存」ボタンをクリックして保存済みになったら、「完了」とボタンをクリックして終了です。

G_mymap_2

9.URLは地図画面右上の「リンク」クリックで表示されます。blog内のフレームに表示することもできますね。このURLにblogからリンクを張ってやればいいわけです。

ルートは20km刻み位(ポイント数制限かもしれません)で分割されて表示されました。
編集機能では、自宅周辺を消したりしてます。これはGarmin MapSource、BaseCampやカシミール3D、前出の轍wadachiなど他の優れたソフトでもできます。私にはMapSourceが使いやすかったかな。現時点この手順が最も簡単と思われます。

轍の入手先(多謝)
情報源(多謝)
ハーレーと趣味に生きる
GPS日記
折りたたみ自転車 YAMAHONで行こう
www.be-styles.jp 

|

« GARMIN Edge800 -その5- | トップページ | 川沿いを走る -2- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GARMIN Edge800 -その5- | トップページ | 川沿いを走る -2- »