« 当選!!! | トップページ | 春の三連休 »

2011年3月20日 (日)

ショック!!

このたびの震災で被災された多くの皆様に、お見舞いとお悔やみを申し上げます。こちら甲府でもそこそこ揺れましたが、さしたる被害もなく安寧にくらしておりますので、微力ながら何かのお力になれるよう努力します。

当ブログでは、日常発生するさまざまな事件やそれにまつわる愚見やなどは取り上げず、ひたすら趣味のことのみ記述してまいりましたが、今回の震災についてはあまりにショックが大きくしばらくキーボードに向かう気も起きませんでした。

3月11日金曜日の午後、今週も無事乗り切れそうだなと書類に目を通しながら、年度末の締めくくりに向けて、比較的のんびりとした時間を過ごしておりました。
地震の揺れを感じた当初「あれえ、揺れてる?」とのんきなことを口にしようかと思った直後、揺れの大きさと時間の長さに驚愕するとともに、叫ぶ女子職員や再雇用のおっさんたちに「動くな、落ち着け、棚から離れろ」などと声をかけつつ、縦揺れと横揺れのタイムラグを在室部下と確認、加速度感のない横揺れに「遠いね、だけど大きいぞ」などと揺れながらも話しておりました。
さすがに途中から事務所の梁が折れないか気になり、モーメントのかかる点にクラックが入らないか凝視しておりました。
揺れが収まってからは家族に「無事か?」と4文字だけのメールを打ち、出先の部下の安否を無線で確認、そのまま施設の被害調査に向かうよう指示。
自分も状況確認に飛び出したい気持ちを抑えるのが大変でした。こんなとき出先隊長がうろうろしていては話になりません。日頃鍛えてきた部下たちを信頼して報告が入るのを待ちながら、次の手を打つ準備と指示をします。

その後テレビから津波のライブ映像が入りだし、その現実感のない圧倒的なパワーのありさまを呆然と見ておりました。そしてその映像の先にある多くの死に思いが至るのには、いくらかの間があったと思います。
われわれ技術者が設計のよすがとしてきた各種基準をあざ笑うかのように飲み込む水の威力に言葉もありません。多くの建物や橋梁は阪神淡路大震災の教訓をもとに強化された設計基準で作られているはずだから・・・。

波に洗われたビルの上にちょこんと乗る大型フェリーの、ハリウッドでもやらないだろう映像を見ると背筋の凍る思いです。
断ち切られた日常のなんと残酷なことか・・・。

初動の救命活動の次には復旧と復興となります。
私ども技術者は、復旧・復興の支援部隊、または前線部隊として派遣されることとなります。どのタイミングで送り出されるのかまだわかりませんが、効果的な使い方してくれと望みます。ロートルなりに全力を尽くします。

それとは別に、当職の管理下には回収してきた放置自転車が約100台余りあります。
阪神淡路大震災の時と同じように、被災地で役立ててもらいたいと思っています。このことに関して、当組織としての行動方針が示されていないので具体的なお手伝いのお願いはまだできませんが、その時にはよろしくお願いします<m(_j_)m>
(わたくし個人の100台であればとっくに・・・)

|

« 当選!!! | トップページ | 春の三連休 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 当選!!! | トップページ | 春の三連休 »